×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Win BES 99 ユーザーズ・ガイド
−Windows版

Version 2.01


「WinBES99」は「点字編集システム Windows版」として親しまれていたソフトから発展したものです。従って、機能に関しては従来のシステムと大きく変わるところはありません。ただ、今後の機能改定、マニュアル変更などの情報は全てインターネットで見ていただくことになり、ソフトやマニュアルもそこからのダウンロードで入手していただきます。


注意!
これはWin BES 99に対応したガイドです。
従来の点字編集システムバージョン1.03,1.04あるいはWin-BES 99 2.00からそれぞれ変更がありますので必ず一読してください。

変更点情報へ


目次

第1章 はじめに

  1.1 機器構成と導入方法
    1.1.1 機器構成
    1.1.2 Win-BES 99の導入方法

第2章 基礎編

  2.1 とにかく始めましょう
    2.1.1 BESを開始する
    2.1.2 環境設定
    2.1.3 初めて文書ファイルを作成する
  2.2 点字を入力しましょう
    2.2.1 点字を入力する
    2.2.2 画面表示をカナに変える
    2.2.3 点字を修正する
    2.2.4 改行マークを入れる
    2.2.5 行間隔を広くして画面を確認する
    2.2.6 点字の入力を終了する
    2.2.7 保存した文書を画面に呼び出す

第3章 発展編

  3.1 文書情報の入力
  3.2 本文の入力(点訳)→詳細目次へ
  3.3 点字編集画面の詳細
    3.3.1 ページ行
    3.3.2 空白文字(スペース)と未入力位置
    3.3.3 禁止帯
    3.3.4 行末処理について

第4章 解説編

  4.1 ファイルメニュー
    4.1.1 新規作成
    4.1.2 既存文書の変更修正
    4.1.3 印刷
    4.1.4 設定
  4.2 点字編集画面での機能→詳細目次

第5章 グラフィック機能

  5.1 グラフィック画面
    5.1.1 グラフィック画面/点字編集画面の切り換え
    5.1.2 グラフィック初期画面での点字編集機能
  5.2 図形の作成・編集における共通機能
    5.2.1 カーソル移動のステップ
    5.2.2 平行移動・大きさのステップ
    5.2.3 線(点)の種類等
    5.2.4 グラフィック初期画面に戻る
  5.3 図形の作成
    5.3.1 直線を描く
    5.3.2 三角形を描く
    5.3.3 円を描く
    5.3.4 楕円を描く
    5.3.5 正方形を描く
    5.3.6 長方形を描く
    5.3.7 放物線を描く
    5.3.8 点を打つ
  5.4 図形の修正・消去・複写  
    5.4.1 再編集
    5.4.2 図形の消去
    5.4.3 図形の全体移動
    5.4.4 図形のページ移動・複写
  5.5 印刷

第6章 音声およびピンディスプレイの機能

  6.1 音声ピン共通
    6.1.1 設定
    6.1.2 現在位置確認
    6.1.3 改行・改ページ表示オン/オフ
    6.1.4 見出し指定行表示オン/オフ
    6.1.5 グラフィック存在の確認
    6.1.6 入力状況表示
    6.1.7 ファイル名の読み上げ
  6.2 音声の機能
    6.2.1 文字読みオン/オフ
    6.2.2 カナ読み/英語読み切り換え
    6.2.3 文字読み/フォネティック読み切り換え
    6.2.4 音声スピード切り換え
    6.2.5 カーソル行読み上げ
    6.2.6 現在ページの読み上げ
    6.2.7 文頭〜カーソル、カーソル〜文末までの読み上げ
    6.2.8 文節読み上げ
    6.2.9 再読み上げ
    6.2.10 読み上げオン/オフ
    6.2.11 その他スイッチ
  6.3 ピンディスプレイの機能
    6.3.1 カーソル表示オン・オフ
    6.3.2 上書/挿入表示

付録 新旧キー操作比較表

付録 フルキー入力

索引